お遍路で宿の予約をするには、どうすればいいの?

宿泊
スポンサーリンク

こんにちは、歩き遍路で四国88寺を歩いたユキオです。

お遍路に出て気になることに宿のことがあると思います。

ツアーなどで行くのであれば、全部パックされていますからそんな心配もありません。

でも個人でお遍路に出るのなら、宿の手配もしなければなりませんね。

私の失敗談もまじえて紹介します。

スポンサーリンク

お遍路宿はどのように予約するか?

 

 

お遍路宿といっても同じ宿泊施設ですから、特別に決まった予約方があるわけではありません。
ただ長期間の旅になりますから、すべてを予約することは現実的ではないですよね。

お遍路宿の予約は、普通の宿泊施設と同様になります。
前もって代理店なんかで、予約することもできます。

また変わったところでは、お遍路さんに特化した宿泊サイトもあります。
このようにお遍路宿の予約はいろいろと方法があります。

しかしお遍路宿は、電話で予約するのが一般的なようです。

 

いちがいに歩き遍路といっても、
多くの場合は、40日をこえる期間旅を続けていきます。

ですから予約といっても、前もってすべての宿を予約しておくことはできませんね。

考えてもわかると思いますが、自分が10日後にはどこにいるのかは不確定です。
普通の観光旅行のように計画を立て、その計画通りに旅を続けることはできません。

 

歩き遍路は歩き始めなければ、自分の体力もわかりません。
ですからその日に、どこまで歩けるかも未知数です。

 

お遍路にも慣れ自分のペースもわかってくれば、今日はどこまで行けると計画出来ます。
また季節によっては、天候に左右され計画通りには歩けません。

 

私も秋に歩いた時には台風に遭遇して宿で回復するのを待ちました。

 

そんなアクシデントを考えると、お遍路宿の予約は電話連絡が一番という結論になりますね。

お遍路宿は、いつ予約すればいいのか?

 

 

それではお遍路宿の予約はいつすればいいのでしょう?
これは私の失敗談ですが、初めてお遍路に行ったときの話です。

 

私は徳島の札所だけ廻る予定で計画しました。
出発する日と帰宅する日の交通機関、深夜バスですが前もってチケットを購入しました。

 

ですからその予定通りに廻らなければいけないことになります。
初めての経験でしたので予定は緩く、誰でも廻れるだろうという計画です。

 

ところで私は心配症でした。
ですからすべて、宿泊する宿の手配をしないと心配でした。

 

出発するまでにひと月あまりありましたが、すべての宿を予約してしまいました。
これで私のお遍路の旅は万全であると自信をもって徳島駅に降り立ちました。

 

最初のうちは緩い計画でしたから足を引きずりながらも順調に旅は続きました。
しかし秋は台風の季節、四国を直撃してわたしの宿泊計画はすべて崩れてしまいました。

こんな失敗をしないためには、いつお遍路宿の予約をすればいいのでしょう。
やはり前日することが、一番賢い選択と言えそうですね。

 

前日でしたら自分の体調もわかりますし、天気の具合だってわかります。
次に行ける宿だって、前日ならほぼ間違いなくわかりますよね。

 

宿が決まったら早めに、連絡を入れて安心するに越したことはありません。
歩き遍路さんの中には、当日に電話をかけて予約をするつわものもいました。

でも確実に予約するのには、前日予約がベストではないでしょうか。

お遍路宿を探す方法は?

 

 

では毎日毎日宿を探すことになり、果たして宿を探すことができるか不安になります。
お遍路に行った事のない人には、どうやって宿を探しているのか疑問に思う人もいると思います。

 

毎日毎日歩いていて、次の宿を探す事など出来るのでしょうか。
次に到達できる札所や宿泊する場所が分かっても、どこに宿をとるのかを決めなければなりません。

 

前もって宿なんか予約していませんから、どうやって探すのか不思議ですよね?
実はお遍路地図に秘密があるのです。

 

お遍路専用に作られた地図には、お遍路が歩く道筋の宿坊、
お遍路宿や旅館ホテルなど、宿泊施設の場所が地図の中に記されています。

 

またページの後半に、記されてすべての宿の所在地と連絡用の電話番号があります。
ですから歩き遍路は、このお遍路地図を頼りに歩いているわけです。

歩き遍路は絶対地図が必要!お遍路を快適にする地図の話。
お遍路に行ったら、何をたより札所まで歩くのか。 どうすれば土地勘もない四国で、目的の札所にたどり着けるのでしょう。 そんな疑問を解決する方法、紹介しますね。

当日予約をする人の中には、遍路道にある遍路宿の看板を見て連絡する人もいるようです。
しかしこれは宿泊できないリスクもあります。

リスクを回避するためにも前日の予約をおススメします。

 

また札所の納経所などに、お遍路さん用に簡易的な地図のついた案内の冊子があります。
その冊子の中にもお遍路宿の案内があります。

 

中にはお遍路さん割引の宿もありますから、目についたら一冊もらっておくといいですね。

コメント