お遍路の服装って白衣を着なくちゃダメなの?

 

こんにちは、歩き遍路で四国88寺を歩いたユキオです。
お遍路に行くことにしたけれど、どんな服装で行ったらいいのか。

 

霊場を参拝するのだから白衣を着ていかなけらばだめなの。
お遍路の服装についても、色々疑問がわいてくると思います。

関連記事:お遍路用品は何が必要、そろえるにはどうすればいいの?
関連記事:お遍路の宿のおすすめは、お遍路さんに評判の宿の探し方。

お遍路の服装は白衣に決まっているのですか

 

お遍路で参拝するときに白衣を着ていなければいけないのでしょうか。
端的に言えばどんな服装だろうとかまいません。

 

お遍路自体どんな人にも門徒を開いているのですから、服装についてだって決まりなどありません。
ですからどんな服装で参拝しても一向にかまいません。

 

実際お遍路さんの写っている写真などを見ても、全身白衣などのお遍路装束で歩いている人はほとんどいません。

 

たまに札所で見かけることがありますが、歩き遍路のお遍路さんよりツアー参加者の方の方が多いくらいです。

 

私も実際に歩いていた時に偶然見た女性の親子連れの方一組だけでした。

 

お遍路の服装もカジュアルでいいのでは

 

 

歩き遍路は極端な言い方をすれば、日本独特のバックパッカーだと言えますよね。
ですから歩きやすい服装で行動しなければ、とてもひと月以上も歩き続けることは難しいのではありませんか。

 

ですから行動しやすいカジュアルな服装が現実的ではないでしょうか。
しかしお遍路と言えば白装束と思ってしまう方はやはり多いですよね。

 

これは昔からの慣例によるようです。
かってはお遍路と言えば過酷な道中でした。

 

途中で行き倒れになることは珍しい事でもなかったはずです。
ですからお遍路に出るときは覚悟の末の旅だったのでしょう。

 

白衣は覚悟の表れ、常にお遍路は危険と隣り合わせの旅だったことが想像できますね。
しかし現在は歩き遍路で巡ると行っても、危険と隣り合わせというほどには過酷ではありません。
ですからお遍路を廻る服装もカジュアルになっています。

 

やはり行動しやすい服装が一番ですよね。
でもせっかくお遍路をするのなら多少の身支度はしたいものです。

 

白衣はお遍路さんの象徴のようなもの、カジュアルな服装でもせめて白衣を着てお遍路を歩いてみませんか。

お遍路の服装にジーパンはどうだろうか

 

 

お遍路の服装にジーパンというのはどうでしょうか?
一見ジーパンはお遍路に適した服装ではないかと思えますよね。

 

何しろ丈夫で動きやすくアウトドアでは定番ですよね。
しかしこれな私見になりますが、お遍路と雨はつきものです。

 

一見行動的なジーパンも実は雨には弱いのですよね。
想像してもらえばわかると思いますが、ジーパンは雨に濡れてしまうと、ジーパン自体が重くなり足にまとわりついてしまいます。

 

せっかくアウトドアに強いと思ってジーパンを選んでも、逆に行動の自由を妨げてしまうのです。

 

またお遍路に着替えを何枚も持参することはできません。
もし雨にあたり濡れてしまったジーパンで翌日も行動することを考えてみてください。

 

ですからお遍路にジーパンは適した服装とはいいがたいですね。